オナ 筋タロウのオナ禁ブログ

オナ禁によって人生を変えたく奮闘する41歳独身男の生活を赤裸々にさらけ出す奮闘日記だ!良かったら読んでくれ!

40日目、記念に、、

40日目

夕方からダンスレッスン3本あり、それまで本読んだりブログ書いたりご飯作って食べたり家で過ごした

 

レッスンまでダラダラしていたと言えばそうなのだが、オナニーでムダな時間を過ごしていた時より、ブログを書いたり少しでも前進する事に時間を使えているので、オナ禁効果はそうゆう意味でも感じているし、そもそもこんなに毎日、日記を長々と書く事なんてオナ猿時代だったら出来なかったと思う

 

それでは、、、話は変わるが、、、

 

ついについに!

 

40日が経過!!

 


オナニーを覚えた小6から今まで、こんなに射精しなかったのは初めてで、やればできるんだなと実感

 


よっしゃーーー!!

 


オナニーの習慣が自分からなくなっていく

 


フリーの時間ができる→エロい事を考える→エロ動画を漁る→オナニーをして射精する→怠くてまた寝る

 


この思考回路が

 


フリーの時間ができる→生産的な事を考える(読書、筋トレ、YouTubeで自分の為になる動画を観るなど)→成長する

 


こうなって来た

 


少しずつ、一歩一歩、自分の成長を確かめながらまだまだオナ禁を続けていこう

 


40日記念という事で、今までオナ禁関連の本を読みまくってきた知識を僕なりにまとめてみようと思う

 


では今回のテーマは

 


オナニーとSEXの違い

 


これを説明しよう

 


まずはセックスとオナニーの共通点、「射精」について説明する

 


射精にはこんな特徴がある

1.テストステロンがジヒドロテストロンに変化する

射精をすると、モテホルモンと言われる男性ホルモンのテストステロンジヒドロテストロンというホルモンに変化してしまう

このホルモンは脂分を分泌するという特徴があり、モテたい男性にとって好ましくない症状をこれでもかというほどプレゼントしてくれる、こんな症状だ

 


・ハゲる、しかも体毛は濃くなる

・脂症、顔がテカテカする

・体臭がひどくなる

・太りやすくなる

 


射精をする度にそんな要らない要素をプレゼントしてくるお節介極まりない物質、それがジヒドロテストロンだ

 


2.亜鉛不足

亜鉛精子に多量に含まれる物質で、テストステロンをジヒドロテストロンに変化するのを抑制する働きがある

という事は射精をすればするほど亜鉛が不足していき、ジヒドロテストロンが加速度的に増えていく、という事だ

 


3.栄養素と性エネルギーの浪費

精子には亜鉛のほかにもタンパク質など、人体にとって大切な栄養素がたくさん含まれていて、使われなければ自然と体内に吸収されるが、射精をすれば当然吸収されるはずの栄養素はムダに垂れ流すことになる

 


この生命を創り出すことの出来る栄誉満点の精子

これを体内で精製するには実はものすごいエネルギーを使う

射精ばかりして精子を作るためにいつもエネルギーをそっちに動因してば、他にエネルギーを回す余裕かなく、慢性的に倦怠感や怠さがあるのは納得したし、僕もそうだった

逆に射精しなければ、ムダにエネルギーを消費することなく、この行動エネルギーと言われる性エネルギーを筋トレや学ぶ事に使う事が出来るという事だ

 


今日はここまで、明日はオナニーの説明をする