オナ 筋タロウのオナ禁ブログ

オナ禁によって人生を変えたく奮闘する41歳独身男の生活を赤裸々にさらけ出す奮闘日記だ!良かったら読んでくれ!

オナ猿時代のスケべな女 生徒のママ 飲み会完結編

それではさっそく続きを書こう

飲み会当日、場所はダンス仲間のマンションだ

もうこの時点で色々期待してしまう

 

僕とダンス仲間、そしてCさんとMさん、2人とも僕の生徒のママだ

 

最初はゆっくりお酒を飲みながらたわいもない話をしていたが、お酒が入るに連れて、僕とCさん、友達とMさんとそれぞれ距離が近づいていき、話も盛り上がってきた

Cさんは旦那と出産以来、10年以上SEXをしていないらしく、それなりに遊んでいる感じだ

 

Mさんは彼氏が出来たり出来なかったりと2人とも恋も満喫しているようで、意外と他のママさん達も影で色々と楽しんでいるのかなと思ったりした

 

そして、ついに動きがあった

 

友達が眠いと言い出し、Mさんを連れて寝室に消えた

 

そして僕らは少し話した後、自然の流れでキスをした

 

僕は筋金入りのオナ猿、我慢など出来るはずもなくソファーに導き、服を脱がそうとした

 

そしたら、

「今日初めて遊んだから、また今度遊んだ時ね、それにいつこっちに来るかわからないし、、」

それを聞いた僕は、そうは言ってもフルボッキ状態

諦めるはずもなく、胸を触ったりキスをしたりする流れで下のほうを触ろうとすると止められ、またトライしては止められる流れが30分ほど続いた

 

そして興奮してきたのだろうか、一言

 

「もう、仕方ないなぁ、バレないようにね」

 

僕はよっしゃと思い、服を脱がし、いよいよその身体とご対面

 

40歳(当時)とは思えないほどキレイでスタイルも良く、胸も形が良い

 

興奮した僕は、寝室に友達とMさんがいる事を忘れ、激しくピストンしていた、その時だ

 

ガラガラ

 

Mさんが出てきて、僕らの素っ裸に時が止まった、、

 

そして、Cさん

 

平然と、「ごめーん、今取り込み中w」

 

と言ってのけた

 

そしてさらにMさんが、

 

「風邪ひかないようにね」

 

そう言ってトイレに行き、何事もなかったかのように寝室に消えていった

 

そして何事もなかったのように僕らは事を再開

 

フィニッシュして、服を着てすぐに寝た

 

その日から2人の関係はしばらく続いた

 

娘がレッスンに行く1時間の間に僕の家に来て、すぐにSEXをし、さっさと着替えて帰っていくのが2年位続いた、本当に純粋なセフレで、SEX以外の感情は一切なく、お互いに快楽のみを求めるという、ある意味、超合理的な関係だとも言える

 

今でも娘は何も知らずにぼくのレッスンにも、まだ来ていて、送迎でたまにCさんとも会うが、何事もなかったのかのようにこんばんはーって

 

飲み会の時にMさんにSEXを見られた時の

 

「ごめーん、今取り込み中w」

 

と言った時のように、、、

 

ぼくの周りには本当にスケべな女性が沢山いた、類は友を呼ぶのだろう、また機会があれば他の女性も紹介する

 

おやすみなさい