オナ 筋タロウのオナ禁ブログ

オナ禁によって人生を変えたく奮闘する41歳独身男の生活を赤裸々にさらけ出す奮闘日記だ!良かったら読んでくれ!

6日目、SEX依存症の集いの存在を知った

6日目


9時起床


ジムに行き筋トレ(背中、二頭)


帰宅後ご飯を食べて昼寝をしてからスタジオで受付業務


合間にSEX依存症について調べていると、どうやらボランティアで運営するSEX依存症の自助グループがあるようで、またまた近くではないが行ける距離にその集いがある事が判明したのでさっそくSEX依存症チェック項目に該当するかどうかやってみた


すると、かなり該当していた


1.性衝動が抑えられななくて不倫などでも関係なく後の事を考えられず行為をしてしまう

2.SEXをしている時だけ生きている実感や幸せを感じる

3.不特定多数の人と関係を持ちやすい


4.異性を性の対象としか見れない


5.過去に虐待されていた


6.不安やストレスを感じた時にSEXをする事によって解消したいと思う


7.1日の大半をSEXや性的な妄想をしてしまう


8.SEXしている時や、必要とされている時だけが幸福感を味わえる


9.SEXをしていない、又はSEXをする相手がいない時、自分は価値がない存在だと感じる


大体こんなところだ


とにかく、SEXや性的な事によって存在価値や幸福感を左右されている状態と言ったら分かりやすいかな


実際、正直に言うと、、僕の今1番叶えたい事は最高に魅力的な女性とSEXをする事で、それが叶う事が1番幸せを感じれるとさえ思っている


軽蔑する人もいるかもしれないが、本当にそう思っているのでどうしようもない


それ以外にもやりがいや、幸福感を感じる事は溢れているという事をイヤというほど本にも書いてあるので頭では理解しているが、性的な事以外で幸せを感じる事はあるにはあるが、心の底では不足感をいつも感じている


僕はいままで、幸せを感じる時っていうのを偽って自分を騙していた


例えば生徒がコンテストなどで優勝した時や、目標だったバックダンサーとして10000人の前で踊った時、そんな目標を達成したら幸せだと思って頑張ってきたが、そんな時も不足感、満たされない気持ちだった、なぜか?SEX出来るわけではないからだ


それよりSEXしている時の方が幸せなんだ


でもヨガの生徒さんやダンスの生徒には、まわりの幸せが自分の幸せだとか、目標を達成する事が幸せだとか、自分の機嫌は自分で取ろうとか、人の役に立つ事が幸せだとか語っていた


本を読んで勉強しているのでそうゆう知識だけはあって、聞く人の心には響いていて、肝心の語っている僕が1番分かっていない


だってそのどれを取ってもSEX以上の幸福感はなく、むしろどんな事でもSEXに結びつかないと結局不足感を感じるからだ


僕が満たされる時は、SEXをしている時、好きな子と仲良く出来ていて、勘違いでも好意を感じる時、かわいい子とSEX出来そうな時だ


それで、例えば気に入っている子が帰っちゃったり、結局SEXできなかった時などは一気に気分が落ち込む


SEXによって絶好調になったり、この世の終わりかというほど落ち込んだりする


これで幸せを感じるのは至難の技だし、全然幸せとは言えないよな、、


どうすれば良いんだろう、オナ禁を130日してもSEXへの執着心は消えなかったので、オナ禁も並行して何かをやる必要がある


そこでSEX依存症の集いの登場だ


とりあえず一回行ってみよう


同じような悩みを抱える人の話も聞いてみたい


でもなんか、自分がSEX依存症という疾患があるかもしれないと自覚してくると、だったら解決する方法もあるんじゃないかという希望も同時に湧いてきた


こうやって今までオナ禁をはじめ色々な事を試して、最初は調子良くて進むけど、無力感が戻ってきて結局は解決出来ないというのを繰り返しているので、そろそろ本当の安らぎを感じてみたいな


そのためにも、あきらめずに人生を変えるためにできる事をやっていこう


明日はまた筋トレ、1番ツラい脚の日だ


頑張ろう